首の使い方

こんにちは、木原です。
今日は正しい首の使い方についてお話ししたいと思います。

普段何気なく無意識で動かしている首の動きなのですがみなさんはどこを意識して動かしていますか?
考えたこともないと思いますが、大半の方が首を首(の筋肉)で動かしてしまっています。

てこでいう支点がなくなった使い方をするせいで首に必要以上の負荷が掛かり様々な症状が引き起こされます。
また力を使って動かしてしまっているため脱力も出来てないので筋肉や腱にかなりの負担が掛かります。

では本当はどこを意識して動かせばいいのか?
正しいのは『あご』で動かします。

あごを出したり引くのではなく『あご』で首の動きを誘導してあげるようなイメージです。

(写真 左)首で動かす右回旋    

(写真 右) あごで動かす右回旋

(写真 左)首で動かす後屈      

(写真 右)あごで動かす後屈

(写真 左)首で動かす右側屈     

(写真 右)あごで動かす右側屈

痛みや症状とは全員が運が悪くて痛くなっているわけではありません。
首だけでなく日常生活の中で無意識に動かしている使い方に問題があるのです。 
そして正しい自然な使い方を覚えないと痛みが繰り返され治りません。

まずは使い方の意識だけでもしてみてください 
意識を繰り返していくことでそれがやがて無意識になります。

関連記事

  1. トレーニング

  2. 肘のトラブル

  3. 足上げ腹筋 リバースアクション

  4. 運動習慣

  5. 正しい重心の落とし方

  6. 足底の重心移動