足のアーチ

こんにちは、木原整骨院の木原です。

今日は普段みなさんがほとんど無意識に行っている歩行についてお話ししたいと思います。

歩行の際に人間の足のアーチはせっかく内側にあるのに踵(かかと)や外側で着地して歩く人が大部分です。

膝のお皿が外側を向いて踵からつくと関節に負担がかかり痛みや変形を引き起こしてしまいます。

ではどのように歩けば良いのか?

まずみぞおちとヘソの真ん中を軽く引く、そして膝のお皿をまっすぐにするだけで足のアーチの1番高い骨(足の舟状骨)にダイレクトに体重がかけれるようになります。

簡単ではないので練習してみてください!

自分の身体を動かすトレーニングをしましょう。

関連記事

  1. ストレッチ

  2. みぞおちとおへその真ん中の意識

  3. てこの原理

  4. リバースアクション 体幹

  5. 腱鞘炎

  6. O脚について