重心について

おはようございます。木原整骨院の木原です。
今日は、重心についてお話ししたいと思います。

みなさんは学生時代を通して色々なスポーツを今までに経験されてきていると思いますが、スポーツを行うにあたって重心を落とさないと棒立ち状態になってしまい身体の安定感がなくなってしまいます。

さて、そこで重心の落とし方はみなさん時計の針でいう6時の方向に膝関節を初動で曲げてしまっていませんか?
試しにやってみてください。この使い方をしてしまうと膝関節の上にストレスを感じるはずです。
これを筋肉が効いていると勘違いをしてしまう方がいますがこれは関節の悲鳴なのです。
これでは身体が脱力することはできません。

ではどうしたらいいのか?

鼠径部から約10センチ下を時計の針でいう4時の方向に引いてみてください。
そうすると膝関節の悲鳴はなくなり身体が脱力できませんか?

身体が脱力をするということはスポーツを行う上で1番大切なことなのです。

関連記事

  1. 先入観について

  2. 高齢者の歩行

  3. 脳と身体

  4. 重力

  5. 初動

  6. 学校教育