イメージ

おはようございます。木原です。
今日は『イメージ』についてお話ししたいと思います。
自分の頭の中のイメージ通りに動いているつもりでも客観的にみると身体の動きが全然違うことって多いですよね。

鏡の前で真正面に立ってみてください

自分では真正面に立っているつもりでも実際は右利きの方は右に骨盤がやや向いています。
自分のイメージと実際の動きが違う!

何故そんな現象が起きるのか?

ほとんどの方がまずは目で見て合わせ、無意識のうちに下腹部いわゆる重心の位置を基準にして合わせてしまっているからです。

ではどこを基準にして合わせればよいのか?

みぞおちとおヘソの真ん中を基準にして合わせます。
下腹部を基準にした時と明らかに違いを感じると思います。
そこが本来の真正面の位置なのです。
当然今まで自分では真っすぐだと思っていた位置が右を向いているわけですから、少し気持ち悪い違和感を感じると思います。
鏡の前に立ってみるとすごくわかりやすいです。
ゴルフをやっている方には必見です

https://kiharaseikotsuinhonin.com/

 

 

関連記事

  1. 治療のポイント

  2. 視覚にだまされない

  3. 肩こり

  4. 線維筋痛症

  5. 高齢者の歩行

  6. 利き目