脱力が苦手な方

こんにちは、木原です。
今日は脱力が苦手な方についてお話ししたいと思います。

身体に常に無意識に力が入ってしまい脱力がうまくできない方は非常に多いです。
常に筋肉が緊張しているので肩こりや腰痛などの症状が現れやすくなります。

1番の原因は膝に力が入りすぎていることです。

これにより、膝関節を最後まで伸ばしきることができず、自分では最大に膝関節を伸ばしているつもりでも伸びない現象がでてしまいます。
解りづらい方は肘関節を伸ばす時に上腕三頭筋に力を入れて伸ばしてみてください。
伸ばしきれず途中でとまってしまいますよね?
それが膝関節でも同じように起きているとおもってください。

最大伸展ができないと踵(かかと)に強く体重がかかり、腰が反り腰になり、代償作用で頭は前に突き出ます。
こうなると腰や首、肩周りは常に緊張が起きている状態になります。

幼少期にこれを治さないと、オスグット・シュラッター、腰椎すべり症などになる確率が高いです。

普段の状態で脱力できない方がスポーツの試合中に脱力ができるわけありません。

自分の身体を動かすトレーニングをしましょう

 

関連記事

  1. 前屈

  2. 利き目

  3. O脚について

  4. 片足立ち

  5. 視覚にだまされない

  6. 足首の捻挫