色々な腰痛

こんにちは、木原整骨院の内海です。
今日は『色々な腰痛』についてお話ししたいと思います。
腰痛の原因は様々ですが、そのうち原因が特定できるものは約15%程度と言われています。
一方、残りの約85%は、レントゲン等の検査をしても原因が特定できないと言われています。
ひとえに腰痛と言っても、前屈位で痛みが増強したり後屈位の方が痛みが増強したり、脊椎や内臓から来るものなど、生活習慣、ストレス、不眠などの心理状態が影響しているものなど非常に多くの種類があります。

●筋膜性腰痛
腰の筋膜や筋肉の損傷による腰痛の一種で筋肉や筋膜に炎症が起きます。

●腰椎椎間板ヘルニア
椎体と椎体の間でクッションの役割をしている椎間板にストレスが過剰に加わり、髄核が脱出して、神経を圧迫して、しびれや筋力低下がみられる。

●腰椎分離、すべり症
腰椎後方の椎弓が分離(疲労骨折)している状態。
脱力が苦手な子供に多い

●腰部脊柱管狭窄症
腰椎の脊柱管が狭いために神経を圧迫されしびれや筋力低下が見られる。
間欠性跛行(少し歩くと下肢の痛みやしびれの為立ちどまってしまう)が現れる。
ひどくなると排尿や排便に障害が現れる膀胱直腸障害など重篤な症状につながることもあります。
具体的には排尿や排便の信号が届かず失禁してしまったり、残尿感など正常な排泄ができなくなります! かなりやばい障害です!


●椎間関節症
腰椎椎間関節に起因する腰痛。
椎間関節捻挫(いわゆるぎっくり腰)などがあります。


●仙腸関節捻挫
一番多いんではないかと思います。
ぎっくり腰のような急性腰痛の一部は、仙腸関節の捻挫が原因と考えられます。仙腸関節の捻じれが改善されないままだと慢性腰痛の原因にもなりやすいです。


●肥満による腰痛 など

原因や症状、予防法を上げたらキリがないので割愛させていただきますが
一番危険なのは、慢性的な痛みがあったとしても「我慢できるレベル」として悪い使い方で放置した結果、症状がどんどん悪化してしまうというケースです。
しつこいくらい言うように痛みは、身体から送られてくる体内異常のサインです。
1週間くらいで痛みが引いてしまうものから3ヵ月以上続くものまで症状も非常に幅広いです。
治療法はたくさんありますが痛みが再発してしまうケースが非常に多く、それでは根本治療とは言えないと思います。
急性のモノだけではなく慢性のモノまで必ず原因があります。
どの疾患にも共通して言えることですが「加齢」「筋力低下」「使い過ぎ」という原因が良く出てきます。
これってよく考えると全部都合のいい理由だと思いませんか?
なぜ痛みが起きたのか? ちゃんとした身体の使い方を果たして出来ているのか?
よりも「なってしまったものはしょうがない」と考える方がほとんどですよね
痛みが出るような身体の使い方があるように痛みが出ない身体の使い方もあります。


痛みというサインが出た時こそ自分の身体の使い方を見つめ直すチャンスかも知れないですね

https://kiharaseikotsuinhonin.com/

関連記事

  1. ストレッチ

  2. 症例報告 ③の続き

  3. てこの原理

  4. テコ

  5. 重心について

  6. 排便