ストレッチ

こんにちは、木原です。
今日は『ストレッチ』についてお話ししたいと思います。
意識する場所を変えるだけで可動域が広がるやり方を紹介したいと思います。
みなさんはストレッチを行う際に対象となる筋肉を意識して伸ばす!

これって当たり前ですよね?

しかし以前からブログを読んで頂いている方にはわかると思いますが、

トレーニングも同様に対象となる筋肉を意識することで力みが生まれます! 
これは何回も言ってきています。

ストレッチの時も、対象となる筋肉を意識するのではなく、みぞおちとおヘソの真ん中に意識をもってくるだけで可動域がかなり広がります。


「生まれつき身体が硬いから」とか「ストレッチをやっても柔らかくならない」と考える方は多いと思いますが、それはストレッチのやり方に問題があります。
それに何歳からでも身体は柔らかくなります。
若い人みんなが身体は柔らかいわけではないですし、高齢者だからだといってみんなが身体は硬いわけではありません。
ちゃんとしたストレッチを継続していけば間違いなく身体は柔らかくなり、動きやすくなり身体も疲れにくくなります。
簡単なのですぐ効果を実感できると思います。ぜひ試してみてください!

https://kiharaseikotsuinhonin.com/

関連記事

  1. 症例報告 ③の続き

  2. 治療のポイント

  3. 足の変形

  4. 骨盤の向き

  5. テコ