頭痛

こんにちは、木原整骨院の内海です。
今日は『頭痛』について簡単にお話ししたいと思います。
現在、日本人の3人のうち1人が「頭痛持ち」といわれるほど、多くの方が頭痛で悩まされています。みなさんの身の回りにもたくさんいらっしゃると思います。
しかし、ほとんどの方が『頭痛』って全部同じものだと思っていませんか?
風邪が原因で起こる頭痛から慢性的な頭痛まで様々あります。
大きく分けると一次性頭痛と二次性頭痛に大別されています。

●一次性頭痛とは
頭痛の9割はこの一次性頭痛です。


その中でも片頭痛、緊張性頭痛、群発性頭痛に分けられます。

●二次性頭痛とは
病気が原因で起こる頭痛です。
代表的な病気としては、「くも膜下出血」、「脳出血」、「脳腫瘍」、「髄膜炎」などが
あります。
中には、命の危険も伴うこともあるため、その痛みの原因を知ることは大変重要です。

●一次性頭痛の種類とその原因
【片頭痛】
片頭痛は、こめかみから目を中心にズキンズキンと脈打つような激しい痛みを伴います。

片側だけが痛い場合もあれば、両側から頭全体に至るまで、痛みを感じる場所にも個人差があります。頭痛と共に吐き気が起こったり、光や音、におい、気温の変化に敏感になります。
また、遺伝することが多く、女性に多く見られるのが特徴的です。

*片頭痛は、頭の中の血管が拡張したことによって炎症が起こり、痛みを生じると言われているため、患部を温めたり、マッサージなどで刺激を与えるのは逆効果です。

【緊張性頭痛】
緊張性頭痛は、慢性的な頭痛の中でももっとも多く見られる頭痛です。
年齢や性別に関係なく発症し、後頭部を中心に頭全体がギューッと締めつけられるような鈍い痛みが起こります。
頭痛のほかにも、肩や首のコリ、フワフワとしためまい、全身のダルさといった症状を伴うこともあります。
原因としては、長時間のデスクワークや車の運転など不良姿勢が続くことで引き起こされる身体的なストレスと、仕事や家庭などの心配ごとによる精神的なストレスがあげられます。

【群発性頭痛】
群発頭痛は、目の奥や周りから側頭部まで広がり、突き刺すような激しい痛みが15分~3時間くらい続きます。
「目の奥がえぐられるような痛み」だと表現されることもあり、頭痛の中では、
もっとも激しく痛みが出ます。

まるで群発地震のようにある一定期間に集中して頭痛が起こり、その耐え難い痛みはまるで死にたくなるほど辛いということから、別名「自殺頭痛」とも呼ばれています。
群発性頭痛は、目の後ろを通っている血管が拡張することで自律神経を刺激して炎症を起こすことが原因と考えられています。

ここには記載しませんがweb上には頭痛の予防法や応急処置の仕方などの情報がたくさんあります。
その分、正しい情報も悪い情報もあるため、ただの頭痛だと勝手に判断しないようにしましょう。
頭痛になると頭の方にだけ問題があると考え、ついつい薬を飲んでごまかしてしまう方がほとんどだと思うのですが、大事なのは重心の位置なのです。


今までのブログでも触れた通り、人間は踵(かかと)歩行などの悪い歩き方や重心が不安定だと筋肉のコリや関節の痛みなどになって現れ、身体的ストレスだけではなく精神的なストレスまで引き起こすことになります。
歩き方や重心の位置を変えることによって本来の正しい身体の使い方ができるようになります。
また重心が安定するだけで痛みの症状は軽減され、その他の症状も出にくくなります。
自分自身の身体は自分で整えましょう!

https://kiharaseikotsuinhonin.com/

 

関連記事

  1. 顎関節症

  2. 視覚にだまされない

  3. 残尿感

  4. 症例報告3

  5. 四十肩 五十肩

  6. 腱鞘炎